2015年12月14日 第13回SDJBF

今回は、ハイオ州立シンシナティ大学助教綬 佐々木敦朗さんに「ファームからデビューそしてGTP代謝への道のり」の題で、研究の話だけでなくキャリアパスのお話も同時にしていただきました。彼は東海岸の研究者が中心となり運営されているUJA(海外日本人研究者ネットワーク United Japanese researchers Abroad ( http://uja-info.org/ ))の代表もされており、ネットワークの大切さについても話していただきました。今回のSDJBFは、サンディエゴで開催されたAmerican Society of Cell Biologyに日を合わせて開催したため、学会参加中のたくさんの日本人研究者の方々にSDJBFに立ち寄っていただくことができました。他州からそして遠くは日本から足を運んでいただいた方々、SDJBFの参加ありがとうございました。

 

広告