2015年3月13日 特別公演

公演タイトル:日本における医学研究開発のあり方~新薬創出国であり続けるために

岡田 就将 氏
(厚生労働省大臣官房厚生科学課課長補佐)

プロフィールと公演内容: 2000年、東京医科歯科大学医学部を卒業された後、国立成育医療センター等で小児科診療(血液・免 疫分野を中心)に従事。2005年、厚生労働省に入省され、がん対策推進官、内閣官房健康・医療戦略室参事官補佐、 国際食品室長等を歴任され、現在に至る。日本の医学研究体制の現状、さらにこの4月より公的な医 学研究のしくみが大きく変わろうとしていますが、その目的についてお話していただくきました。日本での基礎医学研究の目指す方向性や起業環境などについて米国と比較し、人口減少社会において高付加価値産業を振興するための日本特有の医学研究開発の体制について討論会をしました。

広告