2014年1月24日 第9回SDJBF

新しいバイオマーカーの宝庫として脚光を浴びている小胞 -エクソゾーム:腎機能マーカーへの期待ー

講師: 村上 卓先生 Taku Murakami, Ph.D.
(Hitachi Chemical Research)

2000年、東京大学工学系大学院 化学生命工学専攻、修士卒。2009年、同大学院 先端学際工学専攻、博士卒。
2000年より日立化成リサーチセンターの研究員として、分子診断関連技術のR&Dに従事。mRNA精製法、定温核酸増幅法、迅速食中毒菌検査の開発などの研究プロジェクトに参画。現在は、近年バイオマーカーとして注目されている細胞から分泌される粒径30-100 nmの小胞エクソソームに関する研究開発に携わる。
今回の講演では、尿中エクソソームのmRNA測定による腎機能マーカー探索について紹介して頂きました。

血栓性及び出血性疾患への挑戦 -血栓止血研究から明らかにされた血栓形成の分子機序-

講師: 神窪 勇一先生 Yuichi Kamikubo, Ph.D.
(The Scripps Research Institute)

薬学博士。1984年、鹿児島大学理学研究科を修了後、化学及血清療法研究所に入所し、血液由来の機能性タンパク質を用いた治療薬及び臨床診断薬の研究開発に従事。その間、止血用の生体組織接着剤(フィブリン糊)などの製剤化に貢献。2003年に同研究所を退職し、現在はScripps研究所において血栓形成に関与する新たな因子の探索研究を行っている。
今回の講演会では、これまでの血栓止血研究から明らかにされた血栓形成の分子機序、さらには血栓性及び出血性疾患に対する薬剤開発について解説して頂きました。

広告