2011年2月4日 第1回SDJBF

日米比較: 研究とその周辺環境

野中 誠先生 Makoto Nonaka, M.D., Ph.D

慈恵医大を卒業。内科大学院に入学し腎臓病学を専攻する。千葉大、東大の免疫学教室を経てScripps Research Instituteに留学後、東大免疫教室助手に赴任。1983年Medical Biology Instituteの臨床免疫アレルギー研究部主任研究員として再渡米。1988年 ラホヤ・アレルギー免疫研究所を設立。
Medical Technologies Applications等のベンチャー企業を設立。Medicine Meets Virtual Reality等数々の医学会の設立と運営に参加。UCSD Cancer Center、SDSU The Japan-US Center、Japan Societyの理事を務る傍ら,日本政策投資銀行、岐阜県、横浜―サンディエゴ・バイオ活性プログラム、理化学研究所等の顧問を務める。

米国でのバイオ・ビジネスの起業と資金調達

清泉 貴志先生 Takashi Kiyoizumi, M.D., Ph.D, MBA

慶應義塾大学医学部、MITスローン経営大学院卒、医学博士、経営学修士。ImmuLogic Inc.等のマサチューセッツ州のバイオ企業を経て、Indevus Pharmaceuticalsの副社長になる。2000年にTanabe Research Laboratories, USA社長に就任。同時にMediciNova, Inc.のCEOを歴任。数々のNCE (new chemical entities) programsを設立し、現在はLife Science Angels (a group of executives and experienced investors interested in providing early-stage funding for fledgling life science companies)メンバー。

    

広告